フロリダのUFヘルス病院、サイバー攻撃を受けてペンと紙に戻る
6月 4, 2021
Fujifilm confirms disrupted business operations were due to ransomware attack
6月 5, 2021

富士フイルム、ランサムウェアによる攻撃で業務に支障が出たことを確認

2021年6月4日、日本の多国籍コングロマリットである富士フイルムは、6月1日にランサムウェアの攻撃を受け、業務に支障をきたしたことを確認する声明を発表しました。

今回のランサムウェア攻撃は、6月1日深夜に発生した不正アクセス事件の調査を開始したことで発覚しました。ランサムウェアによる攻撃と判断した同社は、ランサムウェアの拡散と影響を軽減するために、グローバルネットワークの一部をシャットダウンすることを余儀なくされました。

このシャットダウンにより、電子メール、課金システム、レポートシステムへのアクセスができなくなったため、業務の遂行に影響が出ました。そのため、富士フイルムのウェブサイトには、電子メールや着信を含むすべての通信形態に影響を及ぼす問題が発生していることをお客様にお知らせしました。

富士フイルムは、この攻撃の背後にあるランサムウェアグループを明らかにしていませんが、富士フイルムが最近、Qbotバンキングトロイの木馬に感染していたという証拠があることから、この攻撃の背後にいるのはREvilランサムウェアグループであると考えられています。Qbotは、攻撃時にREvilランサムウェアグループと提携していたことが知られており、被害者のネットワークを横移動するために使用されるリモートアクセスを脅威の行為者に提供するのに役立っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です