Fujifilm confirms disrupted business operations were due to ransomware attack
6月 5, 2021
Honda production halted due to possible SNAKE ransomware attack
6月 8, 2021

ホンダ、ランサムウェア攻撃の可能性を調査、ネットワークに影響も

2021年6月8日(月)、ホンダは自社システムへの不正アクセスがあった可能性について調査を開始しました。調査が開始された直後、ホンダは世界中の拠点で製品の生産を停止し、ホンダのスタッフは調査が行われている間、IT機器にアクセスしないように指示されました。

ホンダは、世界各地の工場での生産を停止したことを確認しました。また、広報担当者は、「Hondaは、Hondaのネットワーク上でサイバー攻撃が行われたことを確認することができます」、「また、現時点では情報漏洩がないことも確認できます」と述べています。

ホンダはこの事件についてそれほど多くの情報を明らかにしていないにもかかわらず、VirusTotalに提出されたランサムウェアのサンプルに、ホンダのドメインにリンクされたIPへの参照があったことから、SNAKE(EKANS)ランサムウェアを使用したランサムウェア攻撃であることを示す証拠がありました。このIPは、ホンダの内部ネットワーク名である mds.honda.com を確認するために使用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です