暗号化ランサムウェア攻撃のフォレンジック調査

暗号化ランサムウェア攻撃のフォレンジック調査

日本サイバーディフェンス(NCD)では、サイバー攻撃、特にランサムウェアの攻撃がもたらす影響を目の当たりにしてきました。大規模なランサムウェアの攻撃が新聞の見出しを飾ったこともありましたが、実際には非常に多くの組織が影響を受けています。当社の暗号ランサムウェアフォレンジック調査サービスの目的は、お客様の暗号取引、それらが転送されたアドレスやウォレット、さらには取引、アドレス、ウォレット、取引に関与した者の関係を詳細に洞察することにあります。

トランザクションの追跡

NCDは、ランサムウェア攻撃のようなインシデントが発生した際に、脅威となる人物との間で結び付けられた暗号アドレス、取引、エンティティを定期的に調査し、これらの重要な情報を収集して、暗号ランサムウェアのフォレンジックサービスに使用しています。

Peer-to-Peer暗号通貨の取引の分析

サイバー攻撃の被害に遭ったと思われる組織は、当社のオンラインポータルを通じてNCDにご連絡ください(攻撃で漏洩した可能性のある電子メールアドレスは使用しないでください)。話し合いが開始された後、組織の完全な機密性を確保するために秘密保持契約(NDA)が締結されます。この最初の話し合いは、組織の希望に応じて、英語または日本語のいずれかで行うことができます。

話し合いが終わると、NCDのコンサルタントが組織のシステムを評価し、NCDが組織のウォレットや、アドレスや取引所などの既知のエンティティを介して行われる取引を常に監視する方法について、個別に詳細な計画を作成します。これにより、脅威となる人物が組織のシステムやウォレットにアクセスした際に行う可能性のある不審な取引や不要な取引から組織を守ることができます。

暗号通貨の追跡

サイバー攻撃の被害に遭ったと思われる組織は、当社のオンラインポータルを通じてNCDにご連絡ください(攻撃で漏洩した可能性のある電子メールアドレスは使用しないでください)。話し合いが開始された後、組織の完全な機密性を確保するために秘密保持契約(NDA)が締結されます。話し合いは、組織の希望に応じて、英語または日本語のいずれかで行うことができます。

話し合いが終わると、NCDの世界トップクラスのサイバーセキュリティ専門家が、NCDの高品質な暗号アドレス、取引、エンティティのデータ記録を使用して、サイバー攻撃に関与した暗号アドレスとエンティティを特定し、規制対象の暗号取引所の金融KYC詳細と相関させて、取引に関与している人物を発見します。その後、NCDは、疑わしい取引、アドレス、ウォレットについて、個別のガイダンスプランを作成します。また、データの復号化、金銭の決済、脅威となる人物との必要なコミュニケーションについても完全にサポートします。サービスの詳細については、サービスページをご覧ください。

暗号通貨の観察

NCDは、暗号取引所からダークネット市場に至るまで、特定のエンティティに関連するアドレスや取引を常に観察しています。そのため、NCDはお客様のウォレットをしっかりとチェックすることができ、ダークネットアドレスのような様々な悪意のあるエンティティへの悪質な取引を見分けることができるようになります。

お問い合わせはこちらへ

ランサムウェア暗号フォレンジックについてはこちらに情報を入力してください。