Scripps Health社、ランサムウェア攻撃により患者個人情報が盗まれる
6月 4, 2021
富士フイルム、ランサムウェアによる攻撃で業務に支障が出たことを確認
6月 5, 2021

フロリダのUFヘルス病院、サイバー攻撃を受けてペンと紙に戻る

2021年5月31日、フロリダ大学中央病院(UF Health Central Florida)がランサムウェア攻撃を受けました。
ランサムウェアの感染を防ぎ、患者データを保護するために、2つの病院でITネットワークの一部をシャットダウンしなければならない事態に陥りました。
UF Healthは、病院のコンピュータシステムに異常な動きがあったことから攻撃に気づき、ITスタッフがネットワークの複数のシステムと領域を迅速にシャットダウンしたと述べています。

「5月31日の夜、フロリダ大学中央病院は、施設のコンピューター・サーバに異常な動きがあることを検知しました。
私たちの情報技術チームは、ゲインズビルとジャクソンビルのキャンパスのIT専門家と協力して、状況を調査し、潜在的なリスクを軽減しています。
フロリダ大学ヘルスは、病院と医師の診療所からなるヘルスケアネットワークで、フロリダ州全域の国々に医療サービスを提供しています。
そのため、ランサムウェアの攻撃によって、フロリダ大学ヘルスの患者の治療に支障が生じたり、患者に関する人事データが危険にさらされたりすることが懸念されていました。
今回の事件に関するフロリダ大学中央病院の声明では、「現時点では、患者や職員の記録が侵害されたり共有されたりしたとは考えていない」と述べています。

また、調査が終了し、システムを復元するためのバックアップ手順が実施されるまで、医療スタッフはペンと紙の記録に戻ったため、システムを完全に復元する作業を行っているとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です