Ireland’s health service forced to drop up to 80% of appointment due to Conti ransomware attack
4月 12, 2021
REvil extorted Apple – $50 Million Ransom demanded
4月 20, 2021

REvilがAppleに脅迫 – 50億円の身代金を要求

2021年4月、アップル社と提携している大手ノートパソコンメーカーのクアンタコンピュータ社が、REvilによるランサムウェアの標的となりました。

REvilの一味は、Quantaコンピュータから未発表のラップトップバージョンの設計図を盗んだと主張し、Appleに必要な盗まれたデータを買い戻すことを要求しています。

Quantaは主に台湾を拠点とするメーカーで、AppleのMacBookや時計を独占的に製造しています

REvilは間接的にAppleを恐喝しようとしており、QuantaやAppleが身代金の支払いに協力しない場合に備えて、未発表のラップトップバージョンの設計図やその他の有用な資料を盗んだと主張して、オンラインで販売しようとしている。

これは、REvilグループがデータを盗み、さらにメーカーを脅して盗んだデータを買い取らせるという、もう一つの常套手段です。今回はAppleとそのメーカーのビジネスパートナーが関係しており、REvilにとっては非常に注目度の高いターゲットです。

REvilグループの要求額は50億円

REvil一味は、盗んだ設計図を買い戻すために50億円の身代金を支払うようQuanta Computer社に要求しました。Quantaからの協力が得られなかったため、REvilはAppleに青写真を返すために身代金を支払うよう恐喝しようとした。

REvilはAppleに交渉の余地があることを伝え、5月初旬までに身代金を支払えない場合は、データをオンラインに掲載して販売することを伝えた

脅威の攻撃者は、重要な設計図の他にも機密情報や関連する図面を保有しており、身代金を支払った後に返却するとも伝えている。

Quanta社は非常に有名なメーカーで、Apple、Dell、Ciscoなどの有名な顧客を抱えています。

その証拠に、REvilはAppleに他の機密図面も持っていることを知らせるために、次期バージョンのMacbook Proの図面を掲載しました。

攻撃者は、4月末までに身代金が支払われない場合には、身代金の額を2倍にすると通知した。

REvilは非常に活発に活動しており、Acer(50億円を要求)のような最近の著名な被害者に対して非常に高額な身代金を要求しています。

Quanta Computers社は、脅威となった人物がアクセスしたのは少数のサーバーに限られており、事業への影響はないとしています。また、サイバー専門家のチームが協力して調査を行っているとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です