REvil ransomware gang websites disappear – Is it the end?
7月 14, 2021
Conti Ransomware gang’s playbook leaked by unhappy affiliate
8月 5, 2021

REvilランサムウェアのグループのウェブサイトが消失する

有名なロシアのランサムウェアギャング「REvil」の支払いサイトとブログサイトが突然アクセスできなくなり、インターネット上から消えてしまいました。

REvilは、巨額の身代金を要求する大規模なランサムウェア攻撃を数多く手がけています。その一例が、JBS(食肉会社)のランサムウェア攻撃です。

これは、ランサムウェア攻撃の増加をめぐって米露間で話し合いが行われたことに起因すると考えられている。

最近では、ランサムウェア「REvil」を利用した米国を標的としたランサムウェア攻撃が注目を集めています。

これは本当にランサムウェアの終わりなのでしょうか?

REvilは、最も人気のあるランサムウェアギャングの1つで、多くの大規模なランサムウェア攻撃の背後にいます。彼らのWebサイトが突然消えたことで、これがランサムウェアの終焉なのか、それとももっと重要な新しいものが登場するのか、という疑問が浮上しています。

過去にも、まったく新しいアイデンティティを持ったグループが登場し、さらに恐ろしい手法で被害者を攻撃することがありました。

このグループは、最近、Kaseya(最大のITサプライヤーの1つ)を標的とし、7,000万ドルという巨額の身代金を要求しました。彼らのウェブサイトが突然ダウンしたのはこの後です。

これはREvilの終わりではないかもしれませんが、今のところは終わりです。なぜ、どのようにしてこれが起こったのかは確認されていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です