フードサービスプロバイダーのEdward Don社がランサムウェア攻撃を受ける

食品大手JBS Foodsがサイバー攻撃を受けて生産を停止
6月 9, 2021
二重恐喝の例 – CD PROJEKT ランサムウェア
6月 12, 2021

フードサービスプロバイダーのEdward Don社がランサムウェア攻撃を受ける

今週初め、ランサムウェアがEdward Don and Companyのネットワーク、電話システム、および電子メールサービスに影響を与えたと考えられます。Edward Don and Companyは、キッチン用品、バー用品、フラットウェア、ディナーウェアなどのフードサービス機器・用品を扱う最大級のディストリビューターです。

現時点でEdward Don社は攻撃を公表していませんが、Edward Don社の従業員が新規の注文を断らなければならないという報告や、現在の顧客とのコミュニケーションが個人のGmailアカウントを介して行われていたことから、攻撃が起こった可能性があることを示す証拠があります。

この事件により、病院、レストラン、ホテル、バーなどでは、商品の発注ができなくなり、サプライチェーンに大きな混乱が生じることが予想されます。

現在のところ、今回の事件の原因となったランサムウェアの種類は明らかになっていませんが、Qbotのようなバンキング・トロイの木馬がランサムウェアと連携して使用されていることから、同社への感染にはバンキング・トロイの木馬が使用されたのではないかとの報告があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。