ADATA Ransomware attack – Data leaked online
6月 9, 2021
World’s largest processor of fresh beef, JBS Foods forced to shut down production after cyberattack
6月 9, 2021

食品大手JBS Foodsがサイバー攻撃を受けて生産を停止

2021年5月30日、米国の食品加工大手で、生鮮牛肉の世界最大の加工業者であるJBS Foodsが、サイバー攻撃を受けたため、米国、オーストラリア、カナダにある施設を含む世界各地の同社の複数の生産工場の停止を余儀なくされました。

JBS USAは、今回の事件への対応について、プレスリリースを発表しました。”同社は直ちに行動を起こし、影響を受けたすべてのシステムを停止し、当局に通知し、同社のIT専門家と第三者の専門家のグローバルネットワークを作動させて、状況を解決しました。”

当初、同社は「この事態の結果、顧客、サプライヤー、従業員のデータが漏洩したり、悪用されたという証拠は現時点では認識していない」としていたが、6月2日、FBIは攻撃の原因をREvilに求めた。

混乱の結果、食肉の生産量が不足し、価格が上昇した。米国農務省は、他の食肉会社に不足分を補うための増産を促した。

最終的にJBSはハッカーに1,100万ドルの身代金をビットコインで支払った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です