Singapore offshore vessel operator, Swire Pacific Offshore experiences ransomware attack by CL0P ransomware group
11月 25, 2021
/ 欧州最大の家電量販店MediaMarkt社がランサムウェア攻撃を受ける
12月 6, 2021

シンガポールのオフショア船会社「Swire Pacific Offshore」がランサムウェアグループ「CL0P」によるランサムウェア攻撃を受ける

2021年11月25日(木)、シンガポールのオフショア船会社であるSwire Pacific Offshore(SPO)は、サイバー攻撃を受け、機密の専有商業情報や個人情報が失われた可能性があることを確認しました。SPOは攻撃の詳細を明らかにしていませんが、ランサムウェアグループであるCL0Pは、Swire Pacific Offshoreのシステムにアクセスしてデータを盗んだとするリストをリークブログで公開しています。盗まれたデータには次のようなものが含まれているようです。

– 氏名

– 位置情報

– パスポートのスキャン画像

– 銀行口座情報

– 電話番号

– Eメールアドレス

– 会社名

– 支払い方法

– 個人フォルダ

– メールボックスのバックアップ

 

「SPOは、既存のセキュリティ対策を強化し、事件の潜在的な影響を軽減するために、直ちに行動を起こしました。我々は、サイバー攻撃やデータへの不正アクセス、データのプライバシーや機密性を損なう可能性のある違法行為を深刻に受け止めており、そのような行為によって脅かされることはありません」― サイバー攻撃に関するSwire Pacific Offshoreの声明

Swire Pacific Offshore社が発表した声明によると、今回の攻撃は、事件を発見してすぐにシステムの安全性を確保し、実装されているセキュリティ対策を強化するための行動をとったため、同社の国際的な運用には影響を与えなかったとのことです。また、今回の事件を関係当局に報告し、影響を受ける可能性のある関係者にも連絡を取っているとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です