Bank Indonesia confirms ransomware attack after Conti leaks stolen documents
1月 20, 2022
ハクティビストグループが、ベラルーシにおけるロシアの活動に抗議してベラルーシ鉄道を攻撃したと主張
1月 24, 2022

インドネシア銀行、Contiが盗んだ文書を流出させた後、ランサムウェア攻撃を確認

2022年1月20日、インドネシア共和国の中央銀行であるインドネシア銀行は、先月ランサムウェアの攻撃を受けたことを発表しましたが、インドネシア銀行は、このインシデントのために銀行業務に支障はないと述べています。CNNインドネシアによると、インドネシア銀行の広報担当者は、重要なデータは流出していなく、公共サービスには影響がないため、インシデントによるリスクは軽減されていると述べています。

「ランサムウェア・ハラスメントが先月発生したことをお知らせします。しかし、当銀行は今回の被害に対して総合的な評価を行っています」インドネシア銀行広報担当者

インドネシア銀行は、インシデントの背後にいる人物についての詳細を発表していませんが、ランサムウェアグループのContiは、2022年1月20日にインドネシア銀行のネットワークから盗んだとされるファイルをデータリークサイトに流出させ、その攻撃の責任を主張しています。Contiは、インドネシア銀行が身代金を支払わない場合、13.88GB相当の文書を流出させると主張しています。インドネシア銀行とContiの間で話し合いが行われたかどうかについては、詳しい情報は公表されていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です