チップ製造の大手企業AMDがデータ盗難の主張を調査中
7月 4, 2022
中国のAPTが短命のランサムウェアの亜種を偽装してサイバーレスポンス活動を行っていることが調査で明らかに
7月 4, 2022

NetWalker Ransomwareの一味であったとされる元カナダ政府職員が米国に対するランサムウェア攻撃の罪を認める

2022年6月28日(火)、34歳のセバスチャン・ヴァション-デジャルダン氏は、米国の裁判所において、「コンピュータおよび電信詐欺の共謀、保護されたコンピュータの故意の損傷」、「保護されたコンピュータの損傷に関連した要求の送信」の罪を認めました。この元カナダ政府職員は、「最も攻撃回数の多いNetWalker ランサムウェアの会員の一人」で、世界中の数十社から数百万ドルという金額を強要したとされています。   そのため、司法取引の結果、彼は2150万ドルと21台のノートパソコン、携帯電話、ゲーム機、その他の機器も没収されることになりました。   彼は現在、最長で40年の禁固刑に直面しており、「米国に全面的に協力する」と述べています。現在、米国の検察当局は、NetWalker ランサムウェアの残りのメンバーを裁判にかけることを検討しています。   当初、2月にオンタリオ州司法裁判所で5つの刑事責任を認めた後、カナダの裁判官は彼に6年8カ月の禁固刑を宣告しました。しかし、そのわずか1カ月後、彼はNetWalkerランサムウェアのメンバーとの関わりに関する罪に問われるため、米国に身柄を引き渡されたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。