FBI name known affiliate of REvil ransomware gang in court documents that revealed they had seized $2.3 million in Bitcoins
11月 30, 2021
Australian government-owned energy company, CS Energy confirms they were a target of a ransomware attack
11月 30, 2021

FBIは、ビットコイン230万ドルを押収したことを明らかにした裁判資料の中で、ランサムウェア「REvil」の既知の関連会社の名前を挙げた

2021年11月30日(火)、FBIは、2021年8月3日に、REvilやGandCrabランサムウェアの関連会社として知られるアレクサンドル・シケリンから230万ドルのビットコインを押収したことを、提出された「没収のための訴状」という裁判書類の中で明らかにしました。FBIは、39.89138522ビットコインが元々保管されていたExodusウォレットにどのようにしてアクセスしたのかは明らかにしていません。

「アメリカ合衆国は、現在テキサス州ダラスにある連邦捜査局(「FBI」)ダラス支部(One Justice Way, Dallas Texas)に現在保管・管理されているExodusウォレットから押収された39.89138522ビットコイン(”被告資産”)に対して、この検証済みの対物訴状を提出しました」 – アメリカ合衆国「没収のための訴状」

訴状には、ウォレットの請求者が「Aleksandr Sikerin, a/k/a Alexander Sikerin, a/k/a Oleksandr Sikerin」という有名なアフィリエイトであることも詳述されています。このメールアドレスは、過去の調査で「Lalartu」という有名なGandCrabやREvil/Sodinokibiのアフィリエイトと関連していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です