EgregorとMazeのマスター復号キーを、開発者とされる人物が公開

ボーダフォン・ポルトガルがサイバー攻撃を受け、国全体でサービスが停止
2月 8, 2022
米国、2021年以降のランサムウェアの運用について、観測された行動や傾向を組織に警告する共同勧告を発表
2月 10, 2022

EgregorとMazeのマスター復号キーを、開発者とされる人物が公開

2022年2月8日(火)、ランサムウェア「Maze」、「Egregor」、「Sekhmet」の復号鍵と、「M0yv」の「modular x86/x64 file infector」のソースコードが、マルウェア開発者とされる人物によってBleepingComputerのフォーラムにリークされました。このユーザーは、このリークは計画的なものであり、最近のランサムウェア関連会社に対する法執行活動とは無関係であると述べています。

「Topsleak」というユーザーは、今回の流出が計画的なものであり、ランサムウェア関連企業に対する最近の捜査とは何の関係もないことを述べています。

この復号キーは、Emsisoft社のサイバー専門家によってレビューされ、これらのランサムウェアの亜種の1つによって暗号化されたファイルを復号するために使用できる正当なキーであると主張しています。Emsisoft社は、これらの鍵を使用してMaze、Egregor、Sekhmetの被害者のファイルを無料で復号する復号ツールをリリースしました。また、開発者とされる人物は、チームメンバーの誰もがランサムウェアに戻ることはないと述べ、ランサムウェアのソースコードをすべて破棄したとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。