BlackMatter Ransomware attacks New Cooperative for a ransom of $5.9 million
9月 21, 2021
IT systems of Crystal Valley Cooperative brought down due to ransomware attack
9月 22, 2021

BlackMatterランサムウェア、590万ドルの身代金を要求してNew Cooperative社を攻撃

2021年9月18日の週末、NEW Cooperative社はランサムウェアグループ「BlackMatter」によるランサムウェア攻撃を受けました。現在、脅威アクターは、盗んだデータを漏らさず、復号機を提供せずして590万ドルの身代金を要求しています。5日以内に身代金が支払われない場合、身代金は1,180万ドルに増加します。

“New Cooperative社は最近、当社の一部の機器やシステムに影響を与えるサイバーセキュリティインシデントを確認しました。慎重を期して、脅威を封じ込めるために積極的にシステムをオフラインにしましたところ、無事に封じ込められたことを確認できました。” – New Cooperative社の発表。

今回の攻撃は、2021年9月20日の朝、ランサムウェアのサンプルが公開されたマルウェア解析サイトにアップロードされたことで発見されました。このサンプルにより、研究者はBlackMatterのランサムノート・ランサムウェアのネゴシエーションページ・盗まれたとされるデータのスクリーンショットを含む非公開のデータリークページにアクセスすることができました。BlackMatterは、1,000GBのデータを盗んだと主張しています。このデータには、soilmap.comプロジェクトのソースコード、研究開発成果、従業員の機密情報、財務文書、パスワードマネージャーであるKeePassがエクスポートされたデータベースなどが含まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です