米司法省、ランサムウェア「マウイ」に支払われた50万ドルの身代金を差し押さえたと発表

建築資材大手クナウフ社に対するサイバー攻撃でブラックバスタランサムウェアの一団が犯行声明
7月 19, 2022
カスペルスキー、Windows、Linux、ESXiのシステムを暗号化できる新しいランサムウェア「ルナ」を公開
7月 20, 2022

米司法省、ランサムウェア「マウイ」に支払われた50万ドルの身代金を差し押さえたと発表

2022年7月19日(火)、米国司法省は、支払われた身代金の総額が約50万ドルのビットコインを押収したことを発表しました。これらの身代金は、米国の医療従事者がマウイ型ランサムウェアの運営者に支払ったものです。
ランサムウェア株の発見と同時に、カンザス州の病院からFBIにマウイランサムウェア株に関わるセキュリティインシデントが報告されたことが明らかになりました。
「被害者からの迅速な報告と協力のおかげで、FBI、および司法省検察は、「マウイ」として知られるランサムウェアを展開する北朝鮮の国家支援グループの活動を阻止することができました」-リサ・O・モナコ司法副長官
カナスの病院がこのインシデントを発見後すぐに報告したため、FBIと司法省は10万ドルの身代金支払いを回収できただけでなく、その直後にコロラド州の医療機関から支払われた別の身代金12万ドルの特定と追跡が可能になりました。これら2つの支払いと、未公表の支払額28万ドルは、最終的に2022年5月に押収されたので、総回収額はおよそ50万米ドルとなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。