Disruptions to major European call center provider- Covisian after Conti Ransomware attack
9月 24, 2021

欧州の大手コールセンタープロバイダーCovisian社のContiランサムウェア攻撃による混乱

2021年9月18日(土)、Covisian社のスペイン・ラテンアメリカ部門であるGSS社が、ランサムウェアグループ「Conti」によるランサムウェア攻撃を受けました。この攻撃により、GSSはITシステムの大部分をシャットダウンしなければならず、スペイン語圏の顧客のコールセンターに混乱が生じました。影響を受けた顧客には、Vodafone Spain、MasMovil ISP、テレビ局、マドリードの水道会社などが含まれます。

GSSの幹部が発表した手紙の中で、GSSはすでに攻撃の影響を受けたすべての社内システムを停止し、現在はGoogleベースのシステムをバックアップシステムとして活用していることを発表しました。また、「個人情報が流出した形跡はない」としており、顧客への影響はないとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です