極めて破壊的なサイバー攻撃がドイツ商工会議所を襲う

ドイツのパワーエレクトロニクスメーカー、セミクロンがLVのランサムウェア攻撃を受ける
8月 2, 2022
新たなランサムウェア「グイジンロッカー」は、ウィンドウズおよびリナックスのESXiサーバーを標的として暗号化が可能
8月 6, 2022

極めて破壊的なサイバー攻撃がドイツ商工会議所を襲う

8月4日(木)、ドイツ商工会議所(DIHK)は、サイバー攻撃を受け、ITチームがインシデント解決とサービス復旧の時間を確保するため、すべてのITシステムを停止し、デジタルサービス、電話、メールサーバーを停止させたことを発表しました。一部のサービスは、ITチームが安全に利用できるよう徹底的にチェックした後、徐々に再び利用できるようになっています。しかし、現時点では部分的な復旧にとどまっています。
今回のインシデントでは、マルウェアの拡散を防ぐためにシステムが停止するなど、ランサムウェアの兆候が見られるものの、まだ正式には確認されていません。また、主要なランサムウェアの恐喝サイトにおいて、DIHKの侵害に成功したとの発表もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。