日本のゲーム出版大手バンダイナムコ、ブラックキャットランサムウェアによるデータ流出の投稿後、ハッキングを確認

リリス 新たなC/C++ランサムウェアの運用が登場
7月 13, 2022
ランサムウェア「ホーリーゴースト」がマイクロソフトにより北朝鮮の脅威アクターと関連づけられる
7月 14, 2022

日本のゲーム出版大手バンダイナムコ、ブラックキャットランサムウェアによるデータ流出の投稿後、ハッキングを確認

2022年7月13日(水)、日本のゲーム業界大手であるバンダイナムコは、2022年7月3日(日)に脅威アクターが日本以外のアジア地域の拠点の内部システムを侵害するサイバー攻撃を受けたことを確認しました。また、バンダイナムコは、脅威アクターによって顧客情報が盗まれた可能性があるとしています。
2022年7月11日(月)、ランサムウェア「ブラックキャット」は、バンダイナムコに侵入し、攻撃中に企業データを盗み出したと主張しました。バンダイナムコは、攻撃の種類を説明する技術的な詳細を提供していませんが、バンダイナムコが受けたサイバー攻撃の種類はランサムウェア攻撃であった可能性が高いと考えられています。現時点では、ブラックキャットランサムウェアは、バンダイナムコに対する攻撃で盗まれたとされるデータを一切公開していません。バンダイナムコはこのインシデントの原因を調査し、外部組織と協力してセキュリティの強化に取り組んでいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。