Lewis & Clark Community College Campuses in Illinois shutdown due to ransomware attack
11月 24, 2021
The National Privacy Commission in the Philippines announces that S&R Membership Shopping suffered a ransomware attack
11月 24, 2021

ルイス・アンド・クラーク・コミュニティ・カレッジのイリノイ州のキャンパスがランサムウェア攻撃を受けて閉鎖

2021年11月24日(水)、イリノイ州ゴッドフリーにある公立コミュニティ・カレッジのLewis and Clark Community Collegeは、23日(火)深夜にランサムウェアの攻撃を受け、ランサムウェアのさらなる拡散を防ぐために24日(水)にLewis and Clarkの全キャンパスを閉鎖したことを発表しました。

この発表は、Lewis and Clark Community CollegeのKen Trzaska学長が「電子メール、黒板、電話、同僚など、すべてのシステムが停止しています」というメッセージを全職員に送った形で行われました。建物は安全で、アクセスに関してはキャンパス内で雪の日と同じように扱っています。」

また、Ken Trzaska学長は、大学のメールアカウントを使用したり、大学に関連するファイルを開かないようにと呼びかけています。同校のマーケティング・広報担当マネージャー、ローラ・イナウ氏によると、ルイス・クラーク・コミュニティ・カレッジは問題の範囲を調査中で、現在のところシステムの復旧時期は不明ですが、キャンパスチーム、学生、地域社会に向けて、ソーシャルメディア、アラートシステム、地域メディアを通じて最新情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です