Ragnar Locker ransomware group threatens to publish stolen data if victims contact authorities
9月 7, 2021
Olympus experiences disrupts due to potential BlackMatter Ransomware attack
9月 14, 2021

ランサムウェアグループ「Ragnar Locker」、被害者が当局に連絡すれば盗まれたデータを公開すると脅迫

今週、ランサムウェア「The Ragnar Locker」のデータ流出サイトにて、「警察に連絡した被害者から盗んだデータを流出させる」という警告が発表されました。この警告では、復旧業者に交渉を依頼することは、彼らに対する敵対的な行動とみなされるため、不正アクセスをされ現在は彼らが保持しているデータを公開すると述べています。

「もしあなたが交渉のために復旧会社を雇ったり、警察/FBI/調査員に要請を送ったりした場合、我々はこれを敵対的な意図とみなし、直ちに漏洩したデータ全体の公開を開始します」 – Ragnar Locker

Ragnar Lockerグループは、ファイルを暗号化してデータを盗み、身代金の支払いを要求する前に、盗み出したデータを公開するという脅しをかけて身代金の支払いを促すという、二重の恐喝手段を用いていることで知られているため、この発表は軽視できません。

他のランサムウェアグループがこの手法を採用することが懸念されますが、医療記録などの規制対象データを含む情報漏洩については、法律上、組織は主要機関に報告しなければならないという問題があります。そのため、これらの事件を当局に隠蔽した場合、GDPRなどの法律により厳しい法的処罰を受ける危険性があり、組織は苦境に立たされる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です