Grief ransomware gang adds the National Rifle Association of America as a victim
10月 27, 2021
Chaos ransomware variant targets Minecraft players in Japan
10月 30, 2021

ランサムウェアギャングの「Grief」が全米ライフル協会を被害者として追加

2021年10月27日(水)、ランサムウェアギャング「Grief」は、米国ライフル協会(NRA)を攻撃の被害者として追加し、データリークを行いました。このギャングは、米国の税金情報と投資額を含むExcelスプレッドシートのスクリーンショットを提供し、攻撃の証拠としています。また、「National Grants.zip」というタイトルの2.7MBのアーカイブが流出しており、この中にはNRAの助成金申請書が含まれていると考えられます。

NRAは、物理的および電子的なセキュリティに関する事項については一切言及しないという声明を発表しています。また、マネージング・ディレクターのAndrew Arulanandam氏は、NRAは会員・寄付者・運営に関する情報を保護するための対策を講じていると述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です