ランサムウェア「REvil」の関連企業が、Kaseya攻撃で裁判を受けるため米国に送還される

CISAがContiランサムウェアへの注意喚起を更新、1000件以上の攻撃へのContiの関与について発表
3月 9, 2022
ブリヂストンアメリカス、ランサムウェア集団「LockBit」によるランサムウェア攻撃を確認
3月 11, 2022

ランサムウェア「REvil」の関連企業が、Kaseya攻撃で裁判を受けるため米国に送還される

REvilランサムウェアの関係者とされるYaroslav Vasinskyiが、Kaseyaサイバー攻撃の裁判を受けるために、先週米国に送還されたことが発表されました。彼はもともと、2021年10月8日に母国ウクライナからポーランドに入国しようとして逮捕されました。

彼の逮捕後まもなく、米国司法省は、彼がKaseyaに対するランサムウェア攻撃で、「Kaseya製品全体に悪意のあるSodinokibi/Revilコードを展開し、Kaseyaプロダクション機能がKaseya顧客ネットワーク上の『エンドポイント』にRevilランサムウェアを展開させた」任者であると発表しています。

Vasinskyiに対して起こされた起訴状には、「コンピュータに関連した詐欺および関連行為の共謀」、「保護されたコンピュータへの意図的な損害」、「マネーロンダリングの共謀」の3つの罪状が挙げられています。もし、すべての罪で有罪になった場合、彼は合計115年の禁固刑を言い渡されるとともに、すべての財産と金融資産を没収される予定です。現在、米国はウクライナと犯罪人引渡し条約を結んでいないため、今回のヴァシンスキー被告の事件は、米国の司法制度にとって成功であると見られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。