ランサムウェア「リディーマー」の新バージョンがハッカーフォーラムで宣伝される

カスペルスキー、Windows、Linux、ESXiのシステムを暗号化できる新しいランサムウェア「ルナ」を公開
7月 20, 2022
ランサムウェア集団がデジタルセキュリティ大手エントラストを侵害
7月 22, 2022

ランサムウェア「リディーマー」の新バージョンがハッカーフォーラムで宣伝される

最近、「リディーマー」ランサムウェアの作成者が、ランサムウェアの市場に参入する機会をアマチュアや未熟な脅威アクターに提供し、無料で使用できるC++ランサムウェアの最新版をハッカーフォーラムで宣伝する姿が目撃されています。作成者の投稿では、新バージョン2.0はWindows Vista、7、8、10、11で動作し、マルチスレッドのパフォーマンスや新しいグラフィカルユーザーインターフェースを含む多くの主要機能を備えているとしています。また、アンチウイルス検出率は中程度で、すべてのアンチウイルスで検出されるわけではありません。
リディーマーランサムウェアとRansomware-as-a-Service (RaaS)の違いは、個人でもリディーマーランサムウェアをダウンロードして使用し、独自の攻撃を仕掛けることができる点です。このランサムウェアを使用するユーザーへの唯一のキャッチは、被害者が身代金を支払うことを決定した場合、作成者は料金の20%を受け取り、復号化のためにアフィリエイトが持つプライベートビルドキーと結合するマスターキーを共有することにあります。また、作成者は関心がなくなれば、このランサムウェアはオープンソース化されるとも述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。