ランサムウェア「ブラックキャット」が欧州のガスパイプラインに対する攻撃の声明を発表

マイクロソフトがラスプベリーロビンマルウェアとイヴィルコーポ攻撃の関連性を指摘
7月 29, 2022
スペイン高等科学研究評議会がランサムウェア攻撃を受ける
8月 2, 2022

ランサムウェア「ブラックキャット」が欧州のガスパイプラインに対する攻撃の声明を発表

2022年7月25日(月)、アンセヴォグループは、同月22日(金)から23日(土)にかけて発生したサイバー攻撃により、グループ内の2事業体が被害を受けたと発表しました。この攻撃により、電気・ガスの供給に支障はありませんでしたが、カスタマー向けポータルサイトが利用できなくなりました。
 
2022年7月28日(木)に発表された最新情報によると、このインシデントの初期調査の結果、ネットワーク侵入者がアクセスしたシステムから特定の量のデータを流出させたことが判明しました。どのようなデータが盗まれたかを特定するための調査は現在も継続中です。
現時点では、すべてのお客様に、アンセヴォおよびクレオスのサービスとのやりとりに使用したオンラインアカウント情報をリセットすることを推奨しています。また、これらのパスワードが他のサイトでも同じである場合は、それらのサイトでもパスワードを変更する必要があるとしています。
 
2022年7月29日(土)、ALPHV/BlackCatランサムウェア集団が、データ漏洩サイトを通じてクレオスルクセンブルク S.A.に対してサイバー攻撃を行い、150GBに及ぶと思われる契約、協定、パスポート、紙幣、電子メールを含む18万件の盗難ファイルを公開すると脅していることが判明しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。