マーストリヒト大学が、2019年に受けたランサムウェア攻撃に支払った身代金を回収

ランサムウェア「Black Basta」グループは、わずか2ヶ月で50の組織を攻撃、非常に危険な勢いを見せる
7月 4, 2022
FBIが北朝鮮の国家的脅威アクターがヘルスケアおよびパブリックヘルスセクターを標的にしたランサムウェア「マウイ」を使用することを警告するアドバイザリーを発表
7月 6, 2022

マーストリヒト大学が、2019年に受けたランサムウェア攻撃に支払った身代金を回収

2022年7月2日(土)、マーストリヒト大学は、2019年12月23日に発生した同大学へのランサムウェア攻撃に対して支払った身代金の回収に成功したと発表しました。身代金の要求額は30ビットコインで、当時は約19万7000ユーロ(約21万8000ドル)の価値に相当しました。
しかし、今年4月、オランダ検察庁は、支払われた身代金の一部が含まれていた暗号ウォレットを2020年に凍結することで、身代金の一部を追跡・押収することができました。また、暗号交換のブローカーに提出した情報請求により、当局はウォレットの所有者を個人のウクライナ人と突き止め、2021年にはオランダ警察がウクライナへ渡り、現地法執行機関と密接に協力して押収することに成功しました。
ランサムウェア攻撃以降、回収された身代金の金額は急速に上昇していますが、攻撃による被害総額と比較すると、回収された金額は被害総額の方が上回っています。大学は、回収した資金を、パンデミックの被害が最も大きかった学生や、貧窮している学生への補償など、困っている学生のために使う予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。