ポルトガル最大のメディアコングロマリットImpresa社がランサムウェア「Lapsus$」ギャングに襲われる

ランサムウェア攻撃を受けたAmedia社の新聞制作が麻痺状態に
12月 30, 2021
FBI、FIN7がBadUSBデバイスを使ってランサムウェアを展開したことに対するフラッシュアラートを発表
1月 7, 2022

ポルトガル最大のメディアコングロマリットImpresa社がランサムウェア「Lapsus$」ギャングに襲われる

年末年始に、ポルトガル最大のメディアコングロマリットであり、同国最大のテレビチャンネルであるSICと週刊新聞であるExpressoを所有するImpresa社が、オンラインITサーバーインフラを標的としたランサムウェアに襲われました。このインシデントにより、Impresaグループの2ebsites、Expresso、SICの全TVチャンネルがオフラインになり、SICのインターネットストリーミング機能も停止しました。ただ、今回の攻撃では、全国の電波やケーブルテレビの放送には影響がありませんでした。

 

この攻撃を行ったランサムウェアグループはLapsus$グループで、Impresaのすべてのサイトに身代金のメモを貼り付けて改ざんし、このインシデントの功績を称えました。また、Lapsus$グループは、Impresa社のAmazon Web Servicesのアカウントにアクセスしたと主張しています。しかし、Impresa社はAWSアカウントのコントロールを取り戻したと考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。