インドネシア銀行、Contiが盗んだ文書を流出させた後、ランサムウェア攻撃を確認
1月 20, 2022
Hacktivist group claims attack on Belarusian Railway in protest of Russia activity in Belarus
1月 24, 2022

ハクティビストグループが、ベラルーシにおけるロシアの活動に抗議してベラルーシ鉄道を攻撃したと主張

2022年1月24日(月)、ハクティビスト集団「Belarusian Cyber-Partisans」は、ロシアがベラルーシ鉄道の鉄道輸送網を利用して軍事ユニットや機材を国内に移動させていることに抗議して、ベラルーシの国営鉄道会社であるBelarusian Railwayのサーバーを暗号化したと主張しました。

「BR社のサーバー、データベース、ワークステーションの一部を暗号化し、同社の業務を妨害しました。緊急事態を避けるために、自動化システムやセキュリティシステムには影響を与えなかった」。- ベラルーシのサイバーパルチザン。

彼らは特定の条件でシステムを正常に戻すと表明しています。その条件とは、医療支援を必要としている50人の政治犯が解放されることと、ロシア軍がベラルーシから撤収することです。現在の時点では ベラルーシ鉄道は公式声明を発表していませんが、同社のウェブサイトでは、電子渡航証明書の発行に関する問題が継続していることを警告する「乗客の皆様へのご注意!」を公開しています。

「技術的な理由により、ベラルーシ鉄道の参照用ウェブリソースおよび電子渡航証明書の発行サービスが一時的に利用できません。旅行の手配や電子渡航証明書の返却については、チケットオフィスにお問い合わせください。” – ベラルーシ鉄道。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です