ドイツの石油供給会社2社がサイバー攻撃を受け、エネルギー大手のシェルが供給ルートの変更を余儀なくされる

スイスポート社、ランサムウェアの攻撃を受け、フライトに遅延が発生
2月 2, 2022
FBI、ランサムウェア「LockBit 2.0」に対するフラッシュアラートを発表
2月 5, 2022

ドイツの石油供給会社2社がサイバー攻撃を受け、エネルギー大手のシェルが供給ルートの変更を余儀なくされる

2022年1月29日(土)、エネルギー大手のシェルは、ドイツの石油供給会社2社の子会社であるOoltanking GmbH GroupとMabanaft GmbH & Co. KGグループがサイバー攻撃を受けたことにより、エネルギー大手のシェルが供給ルートの変更を余儀なくされました。このインシデントにより、両社のITシステムに障害が発生したため、サプライチェーンに混乱が生じました。

オイルタンキング社は、ドイツ国内の計26社に燃料を供給しているため、燃料不足の発生が懸念されていましたが、両社の関係者は、燃料不足が発生する心配はないと述べています。また、ドイツの独立タンク貯蔵協会の専務理事であるフランク・シェイパー氏も、ドイツの週刊ニュース誌「デア・シュピーゲル」に対し、今回の事故は暖房や輸送などドイツの燃料供給に危険を及ぼすものではないと述べています。

現在、オイルタンキング社では、代替の充電ポイントを使用していますが、両社ともに、第三者機関や関係当局と協力して、緊急時対応計画に基づいて事故の解決に取り組んでいます。今回のインシデントでは、ランサムウェアや脅威グループの名前は公表されていませんが、ドイツの新聞Handelsblattなどの情報によると、ランサムウェアグループ「BlackCat」がこのインシデントに関与している可能性があるとのことです。しかし、オイルタンキング社のコミュニケーション部門の責任者であるクラウディア・ワグナー氏は、最初のサイバーインシデントが1月29日(土)に発見されたことを確認しただけで、ランサムウェアグループ「BlackCat」がインシデントの背後にあることは確認していません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。