ドイツのパワーエレクトロニクスメーカー、セミクロンがLVのランサムウェア攻撃を受ける

スペイン高等科学研究評議会がランサムウェア攻撃を受ける
8月 2, 2022
極めて破壊的なサイバー攻撃がドイツ商工会議所を襲う
8月 4, 2022

ドイツのパワーエレクトロニクスメーカー、セミクロンがLVのランサムウェア攻撃を受ける

8月1日(月)、ドイツのパワーエレクトロニクスメーカーであるセミクロンは、ランサムウェアの攻撃を受け、同社のネットワークの一部が暗号化され、データが盗まれた疑いがあることを明らかにしました。ドイツ連邦情報セキュリティ局(Bundesamt für Sicherheit in der Informationstechnik)が発表した警告によると、ランサムウェアの運営者は同社を脅迫し、盗まれたとされるデータの流出を脅しているとのことです。
「セミクロングループは、プロのハッカー集団によるサイバー攻撃の被害を受けています。この攻撃の一環として、犯人は当社のシステムからデータを盗んだと主張しています」
– セミクロンの声明(2022年8月1日)より
 
セミクロンはこのインシデントに関与したランサムウェアの詳細を共有していませんが、情報筋によると、暗号化されたセミクロンのシステムの1つに展開されたランサムメモは、LVランサムウェアギャングにリンクしており、メモにはさらにギャングが2TB相当のドキュメントを盗んだと記載されていたようです。セミクロンは、外部のサイバーセキュリティおよびフォレンジック専門家の協力を得て、脅威アクターの主張を調査していると表明しています。また調査期間中は関係当局に報告、協力をしており、データ盗難の証拠が見つかった場合、顧客とパートナーに警告を発すると述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。