トヨタ自動車、主要取引先へのサイバー攻撃を受け、国内全工場の操業を停止

TrickBot マルウェアの運用停止後、開発者はよりステルス性の高いマルウェアに移行。
2月 25, 2022
Avastが暗号スキーマの弱点を利用し、ランサムウェア「HermeticRansom」の解読ツールを無償で公開
3月 3, 2022

トヨタ自動車、主要取引先へのサイバー攻撃を受け、国内全工場の操業を停止

2022年2月28日(月)、世界一の自動車メーカーであるトヨタは、サプライヤーである児島工業株式会社がサイバー攻撃によるものと思われるシステム障害を起こし、日本国内の全工場の操業を停止することになりました。この閉鎖により、約13,000台の車両が後退するとみられています。トヨタ自動車系の日野自動車やダイハツ工業の工場も閉鎖の対象となる。

「3月1日(火)に国内14工場28ラインの稼働を停止することを決定しました」-トヨタ自動車。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。