FBI、ランサムウェアグループ「MedusaLocker」に対する共同勧告的警告を発表
6月 30, 2022
NetWalker Ransomwareの一味であったとされる元カナダ政府職員が米国に対するランサムウェア攻撃の罪を認める
7月 4, 2022

チップ製造の大手企業AMDがデータ盗難の主張を調査中

2022年6月27日(月)、恐喝グループ「RansomHouse」は、1月の攻撃で450GB以上を盗んだとするダークネットサイトの被害者リストにAMDを追加しました。今年初めには、AMDがランサムウェアの攻撃を受けたという噂もありましたが、正式に確認されたことはありませんでした。   盗まれたとされるデータのサンプルを調べたところ、AMDのパスワード、システム情報、その他のネットワークファイルなどが見つかっています。恐喝グループはさらに、AMDの従業員が弱いパスワードを使用しており、一部の機密アカウントのパスワードに「password」が使用されていたことまで、サイト上で詳細に述べている。   AMDの広報担当者は、現在、恐喝グループRansomHouseの主張の真偽を調査中であると述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。