オーストラリアの政府系エネルギー企業であるCSエナジー社がランサムウェア攻撃の標的となったことを確認

FBIは、ビットコイン230万ドルを押収したことを明らかにした裁判資料の中で、ランサムウェア「REvil」の既知の関連会社の名前を挙げた
11月 30, 2021
プランドペアレントフッド・ロサンゼルス(ロサンゼルス家族計画連盟)、ランサムウェア攻撃を受けた40万人の患者のデータ流出を明らかにする
12月 1, 2021

オーストラリアの政府系エネルギー企業であるCSエナジー社がランサムウェア攻撃の標的となったことを確認

2021年11月30日(火)、オーストラリア政府が所有するクイーンズランド州のエネルギー発電会社であるCSエナジー社は、2021年11月27日(土)にランサムウェアによる攻撃を受けたことを確認しました。この攻撃は同社の社内ネットワークで発生したもので、カライドおよびコーガンクリークにある発電所の発電量には影響がありませんでした。

CSエナジー社のCEOであるアンドリュー・ビルズは、「企業ネットワークを他の内部ネットワークから分離し、事業継続プロセスを実施することで、インシデントを迅速に収束させることができた」と述べ、同社は「州および連邦の関連機関に直ちに通知し、それらの機関や他のサイバーセキュリティ専門家と緊密に連携している」と述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。