Evil Corp launch new Macaw Locker ransomware to evade US sanctions
10月 21, 2021
A data breach investigated by GPDP after ransomware attack on SIAE
10月 22, 2021

イービル・コーポレーション、米国の制裁を逃れるために新しいランサムウェア「Macaw Locker」を発表

最近、Evil Corpが開発した「Macaw Locker」と呼ばれる新しいランサムウェアがランサムウェア界に登場しました。このランサムウェアは、被害者が身代金の支払いをできないようにするための米国の制裁措置を回避するために、Evil Corpがリリースしたと考えられています。

Evil Corpが2019年にかけられた米国の制裁を逃れるために新しいランサムウェアをリリースしたのは、今回が初めてではありません。Evil Corpは、「WastedLocker」、「Hades」、「Phenoix Locker」、「PayloadBin」などの限定的な使用のランサムウェアの運用にも関わっています。今週、Macaw LockerがOlympusとSinclair Broadcast Groupを混乱させた攻撃に関与するランサムウェアであることが判明しました。

Macaw LockerはEvil Corpと提携していますが、Evil Corpは米国の制裁を避けるために、ランサムウェアのブランドを変更しようとする可能性が高いと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です