Attacks on ten Israeli hospitals attributed to Chinese threat actors
10月 18, 2021
Free BlackByte ransomware decryptor released after AES encryption key was reused
10月 19, 2021

イスラエルの10ヶ所の病院への攻撃は、中国の脅威アクターによるものとされる

2021年10月17日、イスラエル保健省と国家サイバー長官は、16日の週末にランサムウェアの攻撃が急増し、イスラエル国内の9ヶ所の医療機関のシステムが狙われたことについて、共同で発表しました。イスラエル政府は、イスラエルのローカルITチームの迅速かつ果敢な対応により、これらの攻撃による病院や医療機関への被害はなかったとしています。

イスラエルのローカルメディアによると、今回の攻撃は、中国のグループが「DeepBlueMagic」というランサムウェアを使用したものであるとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です